Path To Choose - 資格試験、ビジネス、ときどき筋トレ -

資格試験の勉強方法やその過程など色々書きます。

平成28年度 宅建本試験 解き方19 問36

問36です。

問36は間違えても大丈夫です。

個数問題はもともと正答率が落ちます。

そしてこの問題は簡単といえる問題ではないので、

正答率は5割以下になると思います。

捨て問だと思ってください。

 

それでは問題文を見ていきましょう。

 

f:id:yumi12090818:20161022082450j:plain

問36は間違えても大丈夫です。捨て問です。

正解:4

 

選択肢ア

過去問にある肢です。

 

定期借地権が存在する場合は登記の有無にかかわらず、説明は必要です。

よって○

 

選択肢イ

見たことのない肢でした。制限がある場合は説明するというのは過去問に載ってますので、それと同じように考えていけばいいかと思います。

よって○

 

選択肢ウ

過去問にある肢です。

 

売買の額、時期、方法については37条書面で説明する内容です。

売買代金以外で受け取る金銭については、額と目的については35条で説明する必要があります。

よって○

 

選択肢エ

過去問にある肢です。

完成前の物件である場合には、内装や外観などについて説明する必要があります。

賃貸でも売買でも同じです。

よって○

 

正解できましたか?

問36は、個数問暖なので難しいと思います。

間違えた場合でも特に差はつきませんので、気にしなくて大丈夫です。 

 

問36までで25点とれるはずです。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする